スポンサードリンク

-------------------------------------------------------------------------
PICK UP
2019.02.03

NGTがファンとつながったのには指摘されたAKB独自のシステム


NGT山口真帆さんが暴行を受けた事件で、運営側の変わらない体質を一新してもらうべく山口さんが他に被害を出さないためにも内部告発という形になりましたが、時間が経って無かった事にしようとしている運営側の方針があるようで…→geinou ranking



NGT48運営側からは、今週頭に第三者委員会の立ち上げを報告すると語られていたが、発足の報はいまだ聞かれない。

NGT48暴行事件に関してAKSやNGT48運営は、初動の遅さや、ファンおよび地元企業への説明不足を責められてきた。

そういった事情がある以上、現状報告ぐらいは出すべきだと思うが、それもない。

その一方、NGT48劇場は1月25日に早くも営業を再開した。

現在は研究生公演のみだが、2月中には通常の公演も再開したいとしている。

第三者委員会の結論を見て、問題がすべてクリアになるまでは劇場公演もストップさせて然るべきだと思うのだが、そのような声は内部で出なかったのだろうか。
 
第三者委員会の発足は遅々として進まないが、劇場公演再開のスピードは驚くほど早い。

この姿勢から運営がこの問題に対してどのように向き合っているかがよくわかる。

「中井は真っ黒」週刊文春が繰り返し中井りかと犯人グループの異常な親密さを運営が把握し野放しにしていたことを音声つきで報じる

今回の問題からは、これから解決しなければいけない課題がたくさん炙り出されているが、そのなかのひとつが「ファンとタレントの距離が近くなった2010年代のアイドル業界において、事務所はどのようにしてタレントを守るか」という課題だろう。
 
その点を考えるうえで重要な要素として、「モバイルメール(通称:モバメ)の返信制度」の存在がある。
 
これはAKB48グループのファンや乃木坂46のファンにはおなじみのサービス。

櫻井翔の顔面崩壊の真相が明らかに!小川彩佳との結婚を認められず、自暴自棄になって酒に溺れ大怪我をしたとの知人証言

メンバー1名につき月額300円を払えば、メンバーから文章や写真が携帯電話のメールアドレスに直接届くというもので、いわば「ブログがメールに配信されてくる」といったかたちのコンテンツなのだが、メールなのでこれに返信することもできる。
 
有料コンテンツのためツイッターやインスタグラムに比べると返信数が少ない。

そのため、メンバーもモバメの返信には熱心に目を通していることが多く、モバメで返信した内容について握手会で話すことができるとファンには人気のサービスだ。
 
島崎遥香、撮影帰りの“すっぴんパジャマ姿”を公開!「雑誌のワンカットのよう」【画像】

たとえば、インターネット上には、<メールの返信て思ったよりガッツリ読まれてるんだね メールの返信のこと言われて顔から火が出るほど恥ずかしかった ちょっとガチ恋気味な返信送ってたから メンバーはニヤニヤしてたけど>や、<あんまり読まれてること意識しないで書いたガチ恋メールを握手会で言われると、 かなり恥ずかしいけど、なんか特別な関係を築けたみたいな錯覚には陥る なかなかうまい商売だよね>といった感想がある。

モバメの返信メールがメンバーに届いているかどうかは、グループによってルールが異なっているようで、HKT48の場合はメールに直接返信するのではなく、ツイッターの投稿にハッシュタグを付与してリアクションする文化があったりもする(指原莉乃の「#345mail」など、メンバーごとに返信用のツイッターのハッシュタグが決まっている)。
 
そんなモバメだが、NGT48に関しては、こんな話があるようだ。

欅坂46にも…NGT山口真帆襲撃犯のヤバすぎる素顔!

「あくまで噂ですが、NGTに関してはモバメの返信にスタッフの検閲がないと言われ続けてきました。ただ、たとえそれが噂に過ぎなかったとしても、検閲が雑だったら、縦読みにしたりとか、2人にしかわからない暗号を用いたりとか、スタッフにバレないかたちで個人情報を忍ばせることは可能ですし、悪意をもってサービスを利用している人が、『推しに応援メッセージを送りたい』という本来の目的とは違う利用の仕方をすることは可能だと思いますね」(AKB48グループに詳しいアイドルファン)
 
こういった噂が出るのには理由がある。NGT48に所属するメンバー自身がモバメの返信を見ていることを明かしており、しかも、かなりリアルタイムに近いスピードで見られると語っているからだ。

NGT事件後、元メンバーの母親が告白!人気メンバー以外を放置した代償

たとえば、動画配信サイト・SHOWROOMでは過去にこんな発言が見られる。

返信はね、たぶん2、3分後ぐらいで届くんじゃないかな。美南のとこに。きっと。たぶん。返信見れるよ。返信見てたよ、さっき。楽しかった。いま起きたよ』とか『握手会で疲れて寝てた』とか>(加藤美南/2017年の配信)

メールの返信は(午後)9時46分までにお願いします。そしたら、今日中に読めます>(荻野由佳/2016年の配信)
 
メンバーによって発言に差があるが、22時前に来たメールが即日でメンバーに届くということは、たとえスタッフの検閲があるとしても、そこまで厳しい精査ではないことが予想され、少し工夫した書き方であれば、検閲を突破できる可能性は高いだろう。

【衝撃】NGT48山口真帆 ツイッターで密かにSOSを発信中!

モバイルメールの返信はツイッターやインスタグラムの通常リプライとは違い他の人の目に晒されないため、かなり踏み込んだことを書くことができる。たとえ検閲で弾かれても、それを目にするのはスタッフだけであり、メンバーと一線を超えた交流をしようと画策する者にとってはリスクが少ない(かなり悪質だと出禁になる可能性はあるが)。

「会いに行けるアイドル」として、ファンとの距離感を近づければ、アイドル側には少なくないデメリットが生じる。だからこそ、運営はこれまで以上にタレントをきちんと守ることのできる体制を整える義務がある。
 
今回NGT48に起きた事件は、運営の杜撰な管理が原因でタレントとファンの壁がズブズブになった結果と言える。
 
ただ、これは、AKB48グループや乃木坂46のようなモバメのサービスがなくとも、ツイッターやインスタグラムなどのSNSアカウントをもっているタレントであれば、似たようなものである。事務所がきちんとアカウント管理をしていなければ、ダイレクトメッセージ(DM)機能が似たような役割を果たすからだ。
 
【速報】第三者委員会の設置キタ━━━(゚∀゚)━━━!!【NGT48山口真帆暴行事件】

NGT48暴行事件は、AKB48グループのみならず、SNS時代のタレントにとって、安全管理面で学ぶべきことが非常に多い事例である。再発防止のためにも、NGT48運営には情報を開示してほしい。
引用:wezzy
芸能界での裏話ならコチラ芸能界のうわさ

注目記事
【画像】新垣結衣にそっくりな女の子、発見される
世界の名所を「グーグルストリートビュー」で見てみた → 田代島はこんな感じ…
最新の稲村亜美さんがソフマップ
ちょwwwwこの顔はやべぇだろww
今井翼に暴露本オファー殺到!匿名の元事務所も恐れる超弩級のネタが…
【画像】めざましテレビの新人アナウンサーめっちゃ可愛いww
流行りのワークマンで大量買いしてきた
加藤綾子、幼少期の“母子ペアルック2ショット”を公開!「愛情いっぱい」【画像】
【衝撃】SMAPメンバー全員の年収が判明!?ネットで炎上寸前
山口達也の現在がヤバイ!TOKIO復帰どころか「鉄腕DASH」打ち切り、グループ解散、長瀬智也のソロデビューは既定路線
嵐・櫻井翔が激太り!あまりの変わりっぷりに整形疑惑まで浮上!額の絆創膏の意味は…?【画像】
【悲報】岡くんがリーマンのふりをして持ち歩いてるバッグ、中身は何も入ってなかった
山田孝之と島崎遥香の不倫目撃情報に騒然!
報道直前!枕営業でのし上がった人気女優Xが家庭的な大物アスリートと不倫疑惑
東京モーターショー 綾瀬はるか似の美女コンパニオン
東京女子流メンバーが地獄の撮影会やらされてる
竹内由恵アナの食レポ!
モデルの後藤真希可愛さ半端ないwwwwwwwwww
剛力彩芽が「可愛くなった」の声多数。
彼女と結婚する前にこれだけは気をつけておけ!ということはある?

芸能ニュースならコチラ【芸能ニュース】人気ブログランキング



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
芸S。最新記事

おすすめニュース
ファミリーコンピューター